記事一覧

明日よりGW

朝のニュースなどでにて「今年のGWは12連休と言う企業もあり・・・」と報道されておりましたが、

弊社は規則正しく(笑) 暦通りに 休み → 出勤 する構えでおります。

ちょうど香港の祭日が 5月1日・2日と重なった事から、業務的には、「うーん、長期のお休み気分だな~」な感覚なのですが、

その分、明けの業務を考えると・・・ちと大変かな?な不安が過ぎるもの正直な処です(笑)

ま、営業は 休み中も 携帯 は フルオープン の状態にて、何かがあれば常に出動態勢なのですが、何事も無い 楽しい!気分の休みになる事を願っております。

では、皆さんも 楽しい!GWをお過ごし下さい。  営業  下田。

イースター

昨日 4月12日は、イエス・キリストの復活を記念する復活祭「イースター」でした。

私はクリスチャンではないのですが、幼少の頃に通っていた保育園の母体がカトリック系だった為、イエス・キリストにまつわる催しものにはちょっとだけ馴染みがあります。

イースター(復活祭)とは、キリスト教最古の祝日にて、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが蘇ったことをお祝いする日なのですが、現在の風習としては、クリスマス同様、家族でご馳走を食べて祝うのが一般的な様です。

また、エッグハント(卵狩り)やエッグロール(卵転がし)という、子供の遊びがあり、イースターエッグと呼ばれる、カラフルに染められたゆで卵を探したり、その殻を割らないようにして転がして遊ぶのですが、日本人にはちょっと馴染みが無いかも知れませんね(笑)

キリスト教徒にとっては、重要な意味を持つ、祝日・復活祭ではありますが、現在は欧米でも、それほど宗教色が強い訳では無く、様々な民族、人種の人たちが、みんなで一緒に春の訪れを祝うイベントと言った感じで楽しまれている様です。

特定の文化を押し付けたり他の文化を否定するのではなく、皆がお互いを理解し合い、尊重し合う、そんな良い機会・イベントとなっているのであれば、今の世界情勢を考えてもとても大切なイベントであるのかも知れません。

私が子供の頃に、お祭りの意味など知らず、只 楽しくて卵を夢中で探した姿・・・それが今のイベント感であるならば、日本人にもクリスマス同様、受け入れられる催事になるのかも知れませんね。   平和を愛する営業  下田でした!

エイプリル・フール・デイ 

昨日は大手企業などでは新年度のスタートにて、入社式などが行われていた様ですが、皆さんにとっての新年度・スタートは如何でしたか?

お遊び好きの人達にとっての4月1日と言ったら、勿論「4月馬鹿」かと思うのですが(笑)皆さんは 楽しい!嘘 にて、家庭・職場を盛り上げましたでしょうか?


この習慣、生真面目な日本人にはやっと受け入れられてきた感のある行事?ではありますが、その歴史は結構古いモノの様です。

ネットにて、検索をしてみた処、起源にまつわる諸説が数多く有り、真意の程は判らなかったのでありますが、共通している部分は「その日に限っては、軽い悪戯でうそをついたり人をかついだりしてもとがめられない」という事でした。

私も、今日のこのチャンスに、何かしらの 嘘 を付いて、家族や同僚を驚かせてやろうと思ってはみたのですが・・・。

根っからの生真面目な性格が邪魔をして、結局 小さな嘘 ひとつ つく事が出来ませんでした。

日々の営業に於いてもそうなのですが、 嘘 ってそう簡単につけるものではありませんものね・・・・。


えっ? 「それが一番の嘘だろう!」ですって!? 

しっ、失敬な!  誠実・正直がモットーの営業 下田でした。

Echika ・IKEBUKURO

先日、池袋の有楽町線や副都心線につながるプロムナードとして新たに誕生した「Echika」に行って来ました。

オープンに合わせたメディア広告などの相乗効果もあり、狭い通路に大勢の人がところ狭しと行き交う大盛況にて、以前は閑散としていた西口方面の雰囲気が一変・華やいだ雰囲気に包まれておりました。

40店舗から成るShopさんの構成は、「お洒落」「キュート」「おいしい」などのキーワードにてチョイス・厳選さた個性あふれる多彩な顔触れにて、ショッピング・コスメ・飲食など、暫しの時間を楽しむには十分な感じでした。

皆さんも、この機会に是非、新生 イケブクロ を探訪頂ければと思います。営業 下田。

展示会情報

昨日、恵比寿の at EBIS 303 にて開催されている雑貨合同展示会 PLUG IN Access ・プラグイン アクセス に行って来ました。

質の高いアクセサリー、バック、シューズなどの服飾雑貨を一堂に集めた合同展示会にて、バイヤーからの注目も非常に高く、毎回 ワクワクさせられる催しと言えます。

また、今回は、以前 お世話になったデザイナーさんや業界の仲間(私にとっては先輩でありますが)・応援したいブランドさんが出展しており、いつもよりゆっくり・じっくと楽しませて頂きました!

バイヤーでも無い私に、優しく時間を割いてお付き合い頂きました、出展者の皆様 ありがとうございました!

応援したいデザイナー・ブランドを紹介させて頂きます。

YABO / ヤボ : http://www.geocities.jp/yaboyabo319/

Chrim / クリム : http://www.kiyokawa-bag.jp/

Coquette / コケット : http://www.coquette.jp/

祝! 侍ジャパン

WBCトーナメント・決勝 凄い熱戦でしたねー。

皆さんも、仕事が手につかなかったのではないでしょうか?(笑)

結果は、今大会 2度目となる 延長の末、5-3 にて 日本の勝利! WBC連覇の偉業を成し遂げたのでありました。

MVPはこれ又、連続となる 松坂投手でしたが、同点で迎えた延長10回 2死二、三塁の場面にて、不振を跳ね除けヒットを放ったイチローの存在も大きかったと言えるのではないでしょうか。 

試合後のインタビューにて「僕は持っていますね~、最終打席では神が降りてきました!」の言葉通り、最後にはきっちり我々にその存在感を示してくれました。

イチローにとっても、チームにとっても、苦しみ抜いた末のハッピーエンドだったと思うのですが、試合前に原監督が語った、「韓国とは、最後は体力勝負になる。体力では相手に分があるかもしれない。ただ、我々には、日本力がある」と言う言葉がとても印象に残り、正しく、日本の底力を世界に示せた瞬間であったとも思います。

この、原監督 独特の言い回しだった 「日本力」 真の意味とは何なんでしょうか?

侍ジャパンがこのWBC連戦にて都度見せた 「粘り」 「気力」 そんな部分に有るのでは・・・と、私は思います。

この事は、今の混沌としている日本経済にも同様に捉える事が出来ます。他国の市場回復を望む待ちの姿勢だけでは無く、もがき苦しみながらも、この悪化した状態から立ち直り、勝ち上がるには、誰の力でもなく、我々の持つ「日本力」が無くてはならない筈です。

「景気が悪い・景気が悪い・・・」と嘆くばかりでは決して活路は見出せません。経済にしても、社会にしても、会社にしても、各々が、持ち場持ち場できっちりとした仕事をこなせば、活路はきっと見出せると思うのです。

「粘り」強く、前へ前へと押し出す力、諦める事の無い「気力」に満ちた「日本力」、そんな力を持ってすれば、何事も成し得る事が出来る! 

侍ジャパンは自らの姿・行動にて、その事を証明し、我々にメッセージとして示してくれた訳です。

さあ、今度は我々の番です。侍ジャパンに負ける事無く、頑張ってこの不況を乗り切り、世界に「日本の底力」を示して行きましょう!   

久々に熱い思いに駆られた(笑) 営業 下田でした。

リサーチ 2

娘からのリサーチ情報を もう一つ、

今 中高生の間で注目されているコーディネイト(装い)に 古着MIX と言うのがあるそうです。

ライセンスブランドなどだけで構成された決まりきった装いでは無く、古着などを自分流に取り入れ・自分流にアレンジすると言う、有る意味 ちぐはぐ な装い・着方であるらしいのですが、他人と違った「自分らしさ」をアピールしたいと言った感性の人達が増えてきた中で生まれたトレンドとも言えるでしょう。

娘の友人達からもチョイス・アレンジの仕方を聞いたのですが、「このジャケットは古着屋で見つけた80sモノ」「このパーカーはお母さんに貰ったお古なんです」など、そのチョイスの仕方も様々にて、中には「此れは父の箪笥から引っ張り出して来たトレンチなんですよー」と言う使えるアイテムに制約は無いと言った感じの凄腕(笑)もおり、様々な 自分流 が存在しているのが状況の様です。

デザイナーや作り手のコンセプトも大切ではありますが、時として「はっ!」と思わせる発見などは、こんな感性から生まれるのかも知れませんね。 

子供達世代からも学ぶ事多しであります。営業 下田。

ものづくりコラボレーション

昨日、墨田区が主催します「ものづくりコラボレーション」事業 説明会に参加して来ました。

その主旨は、「2012年に開業する東京スカイツリーを契機に、すみだから生み出される商品やサービスを対象にして、すみだ地域のブランドを確立し、地域を活性化しよう!」と言う事業計画なのですが、著名なデザイナーやプロデューサーやプランナーさん達をコラボレーターとして招き、 ものづくり と言う観点にて すみだ を推し出して行こう!と言う、かなり本格的な事業なのです。

今回、代表の宮と2人で参加したのですが、会場となりました、すみだリバーサイドホールの会議室が椅子で埋め尽くされる程の参加者さんが集まり、不況が故と言う事もあるのかも知れませんが、すみだの事業主さん達皆が、この計画に注目を集めていた事が伺えました。

開催のあいさつにて始まり、事業説明、コラボレーターさん達によるコンセプト説明・質疑応答など、2時間程の短い時間ではありましたが、伝える側も聞く側も終始 真剣そのもの、互いの熱意が伝わる良い空気感をかもし出しておりました。

説明会終了時には、代表共々「ミヤ・レザークラフトとしても何かしらの形にて、この事業に参画したいね」と言う気持ちになり、今後のエントリーに進む考えでおります。

恐らく、長い長い計画となる事と思われますので、何か面白い報告が出来る段階となりましたら、再度 報告させて頂きますね。お楽しみに~!  営業 下田。

リサーチ

私には、高校生の娘と息子がいるのですが、お互いの歳を追う毎にそれぞれの世界観などが誕生し、家族での行動と言うよりは、個々での行動が増えて参りました。

私の妻、母親としてはちょっと寂しい感があるらしいのですが、私としては、子供達が自立をする段階に於ける自然の流れとして受け止め、むしろ喜んでおります。

只、私の職業柄か、ことファションに関する事柄に関しては、未だ 親子の会話も弾み、買い物などでもアドバイスを求められる存在である様なので、この職業に感謝!といった処です(笑)

また、私としても、そんな世代のリサーチが出来る利点があり、娘の愛読書セブンティーンを読ませて貰ったり、その世代の今を感じ取れる事は、仕事にプラスと捉えています。

そんなリサーチの一つでありますが、 最近、その世代の女の子達の間で ヴィンテージバック が流行っているらしいです。

自身の母親が70S~80Sに使用していたブランド・アイテムをおさがりとして用い、彼女達曰く、「使い込んだ感じが良い」「他の人が持っていないっと言う存在感や価値観が良い」との事らしいのです。

ま、世に言う処の「ダサカッコいい!」と言う感性なのかも知れませんが、80S後半から90S言えば、シャネラーなどが登場した華やかな?なる時代。そうした母親達の夢が詰まった「眠れる宝物達」を娘達が新たな感性で表舞台に蘇らせてあげると言うのはとても良い事だと思いました。

只、欲を言うならば、有名ブランド品だけを価値観とするのでは無く、いつの時代に於いても「秀逸なアイテム」は国内外を問わず存在しますので、そんな宝物達にも目を向ける感性も磨いて貰えれば、尚良しであります。

ま、我々 作り手もそう思って貰える様な 宝物 を 生み出さなくてはいけない訳ですので、M I J(made in Japan)も 頑張らねばです! 営業 下田

風邪の予防策

沖縄などで流行・猛威を振るい、全国的に警報が出されているインフルエンザですが、皆さんは大丈夫ですか?

私は、まだ 何とか免れてるのですが、予防策は欠かしません。

とは、言っても、医者や注射が昔から大嫌いなものですから(笑)、ワクチンはここ数年打った事も無く、もっぱら 手洗い うがい と基本的な事を徹底する様に心がけております。

また、社内で、ゴホゴホ・ゲボゲボが聞こえだしたら、当事者は勿論の事、未感染者のマスク装着も予防策としては有効と実施しています。

只、この日本では当たり前の様な「マスク予防策」なのですが、聞くところによると お国柄 にて違いが有る様で、

例えば、フランスなどでは、この習慣が皆無との事(笑)

電車やバスの様な公共な場で、派手なくしゃみをしていようが、マスクをしている人などは見た事が無いとの事です。

フランスでは、マスク=お医者さんや看護士さんが使用する専門的アイテムと捉えており、マスクなどをしようものなら、余程の重病人かと思われるとの事です。

只、そんなフランスでも、最近では公共機関でマスクでの感染予防効果を謳い、ポスターなどにて「もしあなたが病気ならマスクをつけましょう。近親者を守る為に」とあるらしいのですが・・・、

守るのはあくまでも「身内や自分」の発想にて、人に迷惑を掛けないと言う観点では無いようですねっ(笑)

逆に 我々 日本人 

人に優しい気遣いの気持ちや奥ゆかしい人となり、大いに自慢できる部分と感じます。

自身もそう心がけなくてはです。  営業 下田。