記事一覧

笑うかどには福来る?

暗いニュースばかりだからこそ、笑顔くらいは絶やさずに・・・
そんな感じで、営業・人と対応する事を心がけているのですが、

この笑うと言う行為「あまたの動物の中で笑うのは人間だけ」との事だ。

とある動物番組にて、笑う動物(笑って居る様に見える?)特集ってのを見た記憶があるので、此れは、あくまでもそう見えるってだけの様で真相は定かでない(笑)

この「笑い」 笑いにはいったいどんな意味があるのだろうか?

アリストテレス以来、古今東西の哲学者が持論を唱えているらしいが、全てを解き明かすまでには至っていないとの事。

今回、関西大学の木村洋二教授が「二十一世紀こそ、笑いをまじめに研究する時だ」と唱え、「笑い」が免疫機能の向上や疲労の軽減などに繋がり、医学や脳科学の分野でも注目されていると言うのだ。

また、客観的研究として、専用の計測器も試作しており、「笑い」の単位を aH(アッハ)とし、横隔膜の筋電位を取り、爆笑すると「5アッハ」含み笑いは「1アッハ」などと表記できれば良いと将来の構想を語っている。

この装置の優れた点は(まだ、あくまでも試作段階だが・笑)作り笑いや愛想笑いには反応しないとの事なので、遠隔操作出来る、計測器などが誕生すると、数多の営業が困るのでは・・・と思った次第なのだが(笑)

只、「毎日2000アッハ笑うと、がんになる確率が20%減る」「1日1000アッハ笑うと離婚率が70%下がる」などの将来の構想を語る木村教授の満身の笑みを紙面で見ると、「その構想は、是非とも、実現して下さい!」と応援したい気持ちとなりました。

2月4日 日本経済新聞より  営業 下田。

節分

本日、2月3日は節分です。 

でも、この「節分」って、子供の頃から、豆撒きなどで慣れ親しんでいる風習ですが、実際にはどんな意味があるんでしょうかね?

不思議に思うと調べなくてはいられない性質なものですから(笑い)今回もちと検索をして見ました。

節分とは、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。「季節を分ける」ことをも意味しており、特に江戸時代以降は立春(毎年2月3日ごろ、うるう年は2月4日ごろ)の前日のことを指す場合が多いとの事です。

豆撒きの意味する処の「鬼を払う悪霊ばらいの行事」は、平安時代頃から行われている「追儺」(ついな)から生まれたと言う説にて、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いだとの事です。

また、最近、コンビ等でも販売され目にする様になった「恵方巻き」(えほうまき)。

此方は節分に食べると縁起が良いとされる巻き寿司にて、商売繁盛や無病息災を願い、福を食べるという意味合いもあるらしい。

節分の夜にその年の恵方(歳徳神の在する方位)に向かって目を閉じて一言も喋らず、願い事を思い浮かべながらまるかじりするのが習わしとされています。

最近、子供達が大きく成った事もあり、豆は撒くより、ビールのおつまみ・・・って感じだったのですが(笑)

今日は 久しぶりに、「鬼は外~、福は内~」ってやりましょうかね?

何事も直ぐ感化され易い、営業の下田でした。

景気 は 気から!

皆さん おはようございます! 営業の下田です。

今日から月が変って2月のスタート、1年でもっとも寒い月と成りました。

話が飛躍するかもですが、日本の景気も何となく寒々した状況ですよね~。

新聞やTVでもしきりに「100年に一度の世界同時不況・・・」と発信しておりますが、此れって如何なもんなのでしょうかね?

ある新聞のコラムで目にしたのですが、この「景気」って言葉、古くから日本に存在する言葉らしく、1212年には、鴨長明の「万丈記」に記されているとの事です。

そして、この「景気」 景 と 気 の二文字から形成されている訳ですが、 文字通り 「気」=気持ち の 「景」=有り様 と言う事で、心理的な部分を捉えての言葉の様です。

我々の世界で言う処の「景気」と言いますと、簡単に言えば「国内でモノがどれだけ売れたか」と言う事な訳ですが、経済学などでは経済成長・GDP(国内総生産)として示される部分がそれに繋がります。

ある行動経済学の先生の言葉によると「人間は将来に対して明るい気持ちになれない時はお金を使わない」と有ります。

良く「病は気から・・・」と言いますが、この景気の上昇・経済の回復も、先ずは、小さな第一歩 この「気」の部分から立ち直す必要があるのではないかと思います。

こう言った時代だからこそ、何事にも危機感を持つと言う事はとても大切な事だと思います。しかし、せめて 気 の部分だけは前向きな形と明るい気持ちで取り組みたい・・・そんな思いを抱く今日この頃です。

何せ、お気軽担当なもので、お気軽過ぎたらごめんなさい!(笑)

2009年 祝! 春節

本日 1月26日は 中国の お正月 「春節」です。

春節とは旧暦(農暦)の新年であり、中国ではもっとも古い伝統的な祭日です。

その歴史は古く、中国古代の商の時代(紀元前1600年)の年末年始に神や祖先を祭ることに由来すると言われています。

「団らんと発達」を象徴するものと言われ、新しい一年に対する中国人の祝福と希望が託される春節において、人々は「対聯」を貼ったり、灯篭をかけたり、餃子を作ったり、餅をついたり、花火を打ち上げたり、演出を楽しみ、大晦日の夜には年越しのお食事「年夜飯」を家族一同でご馳走して、一晩中寝ずに夜明けを迎える「守歳」で盛り上がるのです。

中国とは縁のない人にとっては、毎年何となく過ぎてしまう「春節」ではありますが、いろんな文化や宗教の習慣をごちゃまぜに取り入れてしまう日本人としては、是非 一緒に楽しんで新年の福を呼び込みたいところです。 

祝! 春節!! 「福」よ来~~い♪

歴史の1ページ

バラク・オバマ次期米大統領が、1月20日(現地時間)ワシントンDCにて就任宣誓式を行い、第44代大統領に就任した。

連邦国会議事堂周辺では約200万人とも言われる人々が初のアフリカ系大統領誕生の歴史的な瞬間を見守った。

最高裁長官の司式のもと、新大統領は聖書に手を当てて宣誓。宣誓に使われた聖書は、オバマ氏が敬愛するリンカーンが1861年の就任宣誓で使用した遺品にて、式典の公式テーマ「自由の新たな誕生」は、「人民の人民による人民のための政治」の一節で有名なペンシルバニア州・ゲティズバーグ(63年)での演説で、リンカーンが南北戦争で分断された国家の再建に向け掲げた理念からだ。
 
人種や党派を超えた結束を求めるオバマ氏の考え方は、式典で祈りを捧げる聖職者にキリスト教福音派のリック・ウォーレン牧師を起用したことにも表れており、(ウォーレン牧師は、カリフォルニア州で「同性婚反対」を訴えるなど、保守的な主張で知られる人物)式典を盛り挙げた演奏には、チェロ奏者のヨーヨー・マ氏、バイオリン奏者のイツァーク・パールマン氏らを用いるなど、アーティストの人選も多様だった(マ氏は中国系、パールマン氏はユダヤ系)

さて、アメリカの情勢はどう変化・好転するか・・・此れからが注目です。

謹賀新年!

新年 明けまして おめでとうございます!

2009年、新たな年のスタートです。

暗いニュースの多い昨今ですが、暗い顔ばかりしていても、何事も解決は致しません。笑顔・笑顔を絶やさず精進すれば、きっと光も射して来る事でしょう!

福を自ら引き寄せる・・・、そんな気持ちで頑張って参りましょう!

ミヤ・レザークラフト お気軽担当(笑) 営業 下田

追伸

私が駆け出しの頃からお世話になってる人から頂いた年賀状にて「会社のブログ見ました、益々頑張っているミヤファミリー 素敵です!」とのエールを頂きました。

いつもながらの気遣いと優しさに、感謝すると共に、身の引き締まる思いです。

「ミヤファミリー、今年も一丸となって 頑張って参りまーす!」

あけまして おめでとうございます!

本日 仕事始め 通常業務 始動致しました。

世界情勢・市場共に、混沌とした先の見えない時代ではありますが、こんな時代だからこそ、作り手として 時代の本質を見極め、お客様の 心に響く モノ作り を して行こうと思っております。

今年の干支、牛の如く、一歩・一歩 でも 粘り強い 歩み にて、より良い商品作りをして行きたい・・・そんな気持ちで取り組んで参りますので、今年も、ご指導の程、宜しくお願い致します。

ミヤ・レザークラフト 社員一同

ありがとうございました!

おはようございます! 営業の下田です。

9日、10日の両日にて開催されました「大江戸はんどばっく市」ですが、終始 盛況な賑わい にて 無事終了致しました!

会場に越し頂きましたお客様・当ブースにてご購入頂きましたお客様 全てに 「ありがとうございました!」の気持ちです。

また、作り手である我々メーカーにとっては、普段 接する事の出来ない「お客様」の 生の声・反応 を頂く 良い機会 でもありました。

対応・会話の際に頂きました、ご希望・ご要望・ヒントは今後の製品作りに活用して行く考えです。

楽しく・充実した時間を頂き「 ありがとうございました! 」

告知

ご来場の皆さん、はじめまして! 営業担当の下田と云います。

本日は、弊社の加盟しております、東日本ハンドバック工業組合が主催します、ハンドバック・小物の「即売会」のお知らせをさせて頂きます。

名称: 「大江戸はんどばっく市」

場所: JR両国駅東口 第一ホテル両国3Fホール

日時:

2008年 12月 9日(火)AM11:00~PM7:00

         10日(水)AM10:00~PM5:00


ハンドバック・小物は勿論の事、革の端切れやファスナー等の即売コーナーなどもあり、メーカー直売の嬉しさ!・楽しさ!が満載の催し物となっております。

今年は、第一ホテル両国に場所を移しての新たな開催となりますが、毎年恒例・34回目の歴史と人気に裏付けられた品揃え・価格設定は昔も今も変わりません。

どうぞ、皆様、この機会に足をお運び頂き、会場の盛り上がりに 是非是非 ご参加下さい!

ご来場 心より お待ちしております!

はじめまして!

 お客さまとの 窓口として Webショップ担当となりました  宮 紀子です。                        ひとつ 一つ こだわりを持って  国内の職人が 作り上げ 『オリジナル 商品』を提供しております。   商品に関する ご意見、ご要望など御座いましたら 遠慮なく お問い合わせ下さい。
ご来店 お待ちしておりま~す。