記事一覧

節分

2月3日 = 本日は「節分」

「節分」と言えば、子供の頃には、「豆まき」、最近では 「恵方巻きを食べる」なんて習慣?らしいですが、皆さんのお宅では行っておられますか?

「豆まき」に関しては、私や子供達の通っていた幼稚園などでも行事としてありましたので、馴染み深い風習?・行事なのではありますが、流石にその子供達も高校生と成った今では・・・「豆まき?意味ねーし」な感じの様であります(笑)


cheap jordans
wholesale nfl jerseys
stainless jewelry wholesale
cheap nfl jerseys
cheap Nike Air Huarache shoes
pompy wtryskowe
bombas inyeccion
Air Jordan 11 72-10 Retro Black Gym Red White
air jordan 5 low chinese new year
cubic zirconia wholesale
cheap air yeezy 350 boost
Authentic MCM Backpack for Sale
air jordan 12 cheap
cheap ugg boots
jordans for sale

また、豆まきを口実に、女房殿 を追い出す様な行為はしたくもありませんので、我が家ではスルーさせて頂きました。

えっ?どういう意味かって? それはご想像にお任せ致します(笑)


<節分とは>

「節分」とは本来、季節の移り変わる時の意味で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を指していました。特に立春が1年の初めと考えられることから次第に、「節分」といえば春の節分を指すものとなり、立春の前日に、前年の邪気を祓うという意味をこめて、追儺(ついな)の一つとして行われていたのがこの「豆まき」だったとの事です。

追儺とは悪鬼・疫癘(えきれい)を追い払う行事のことで、古く中国に始まり、日本へは文武天皇の頃に伝わったといわれています。

一般的には、豆まきは年男(その年の干支を持つ生まれの人)、または、一家の主人が煎った大豆をまき、家族は自分の歳の数だけ豆を食べるとその年は、病気にならず長生きすると言われています。


ミヤ・レザークラフト 一番の愛妻家  営業 下田でした。