記事一覧

浅草・冬の風物詩

早くも12月の中旬を向かえ、すっかり寒くなって参りました。

そして、明日、17日~19日には、会社からも近い、浅草・浅草寺境内にて冬の風物詩として有名な「羽子板市」が開催されます。

羽子板市の当日には、観光アピールの目的にて、浅草の綺麗処(芸子さん?)が境内周辺を練り歩く?様なので、羽子板以外でもちょっとした目の保養が出来る事と思います。


羽子板市の歴史を調べて見ますと、「明治中期、毎年歳末に行われる浅草寺「歳の市」の主要商品として販売されたのが始まりにて、昭和25年頃に「羽子板市」の名が定着、歳末の風物詩と成った」と記されております。

また、羽子板の起源を辿れば、「邪気を跳ね返す板」として女の子の成長からを願う風習からとの事ですから、魔除け・厄払けとしての役目・意味合いも強いのでしょうね。


羽子板には興味は無いが、綺麗処が居るなら・・・な  営業 下田でした。